ヨガとメディテーション(瞑想)との関係



ヨガとよくペアで使われる言葉に「メディテーション」があります。メディテーションと言われても聞いたことがない方もいるかもしれませんが、「瞑想」と言えばもう少し身近に感じられるのではないでしょうか。


ところで、ヨガとメディテーション(瞑想)にはどんな関係があるのでしょう。「メディテーションヨガ」や「瞑想ヨガ」と言われることもあるように、一緒に行うイメージがありますが、その目的や効果などはよく知らない方も多いと思われます。


そこで、ヨガには興味あるあるけれど、メディテーションと言われてもよくわからない方のために、ヨガにおけるメディテーションの意味や目的、得られる効果や代表的なポーズなどをお伝えします。


ヨガとメディテーションの関係とは

ヨガとはもともとサンスクリット語であり、仏教の行に取り入れられて「瑜伽(ゆが)」とも呼ばれています。言葉のもともとの意味は「つながり」で、自分の心と感覚器官を結びつけたり、絶対的な存在に結びつけたりを目指す修行法として行われていました。それが、現在の健康法やダイエット運動へと形を変えていったのです。


しかし、形を変えてもヨガの本質は変わっていません。単に体を動かす運動ではなく、心身の合一、つまり、心と体のつながりを目指すところに本来の意味があります。したがって、ヨガとメディテーションを引き離して考えることはできず、あのヨガ独特のポーズもメディテーションをしやすくするために開発されたものなのです。


心はなかなか一つのことに集中できないものです。ちょっと試してみるだけでわかりますが、すぐに雑念が湧いてきて、無心になろうと思っても簡単にはなれません。考えないようにしても、どうでもよいことを思い出したり、先の予定や不安が気になってしまったりするのではないでしょうか。


ヨガとは、そんな移ろいやすい心を自分自身の肉体に向けることによって集中させるための方法です。つまり、体を動かしながらも、同時に、過去や未来ではなく、心を今ここに集中させるためのメディテーションだと言ってもよいでしょう。


そもそもダイエットなどの目的なら他にもいろんな種類の運動があります。そうではなく、ヨガを行うとは、移ろいやすい心を体に集中させることで、自分の心がどうなっているかを観察することです。わざわざメディテーションヨガや瞑想ヨガと言わなくても、ヨガを行う時はこういうつながりを意識することが大切です。


メディテーションヨガの効果

体を動かして気持ちいいだけでなく、メディテーションヨガには以下のような効果が期待できます。


精神状態の安定

心と体のつながりを意識するメディテーションヨガでは、その結果、心が非常にリラックスします。イライラや不安などは頭で考えるからあるように感じられるだけのことです。ヨガを行っている時は、今ここにない余計なことを考えません。日常ではストレスを感じていても、ヨガを行うその瞬間は他のことに意識が向いていないので、とてもリラックスした状態を味わえるようになります。


これを続けると、ふだんからストレスを感じにくい精神状態をキープできるようになります。


疲労の回復

メディテーションヨガは疲労回復にも効果があると言われています。心がリラックス状態になることは、自律神経も非常にバランスの取れた状態になるということです。それに伴い、免疫力の働きもよくなるため、疲れている時に行うと疲れが取れたように感じることもあるでしょう。


また、心身がリラックスするので、寝付きが良くなるとともに睡眠の質も向上します。メディテーションヨガを続けると、次の日には前の日の疲れがすっかり取れていると感じられるようになるでしょう。


集中力アップ

メディテーションヨガでは、心をコントロールする方法を学ぶため、それ以前より集中力が付いたと感じられるようになるでしょう。最初はメディテーションをやめた途端に気が散ってしまうこともありますが、続けるうちにオフの状態でもいつでも高い集中を保てるようになります。


日常的なメディテーションとレッスンの組み合わせ

「メディテーションヨガ」とわざわざ意識しなくても、さまざまな方法で気軽に始められるのがメディテーションとヨガのよいところです。では、日常的なメディテーションとヨガのレッスンを組み合わせる方法には何があるのでしょうか。


ヨガスタジオでレッスンを受ける

ヨガスタジオに通ってインストラクターの指導を受ける方法です。何から始めてよいかわからない方にはいちばんよい方法でしょう。一から指導してくれますし、仲間の存在があるので続けやすいです。ヨガとメディテーションの正しい知識も学べます。


自宅で動画を見ながらやる

今ではDVDやYouTubeなど自宅でもヨガのレッスンを体験できます。スタジオに通う時間がなくてもすぐに始められるのがよいところです。お金をかけずに気軽に試せるのがよいでしょう。


ヨガの基本ポーズ

ヨガにはさまざまなポーズがありますが、いちばんの基本はロータスポーズ(蓮華座)です。「ロータス」とは蓮のことで、座った時の形がこの花に似ていることからこう呼ばれるようになりました。禅でも「結跏趺坐(けっかふざ)」と言うように、両足を互いのももの上にのせるように組む座り方のことを言います。心が最も落ち着きやすいとされるポーズです。


ただ、体の硬い人だと太ももや足首が痛くてなかなか組めないでしょう。徐々に柔軟性をよくすれば誰でもできるようになりますが、最初から無理は禁物です。その場合は、半跏趺坐や半蓮華座というももの上に片足だけのせ、もう片方はあぐらのようにする座り方もあります。痛いのに我慢して座ってもメディテーションにならないので、体に楽なやり方から始めることが大切です。


心と体をつなぐメディテーションヨガ

心身をリラックスさせるのにメディテーションヨガはとても効果があります。メディテーションはヨガのポーズだけでなく呼吸法も重要ですが、基本ポーズと正しい呼吸ができるようになると、心と体のつながりが意識しやすくなるでしょう。


ORANGE LOTUS(オレンジロータス)は、東大和・昭島エリアの方のためのホットヨガスタジオです。遠赤外線床暖房で体の芯から温まるスタジオで、研修を修了した確かなインストラクターがプログラムを提供しています。ホットヨガやメディテーションに興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。


東京でホットヨガスタジオをお探しならオレンジロータス


昭島でホットヨガをお探しの方はこちらから


東大和でホットヨガをお探しの方はこちらから


0件のコメント