生理中にホットヨガをして大丈夫?

更新日:12時間前

せっかくホットヨガスタジオを予約したのに、当日生理になってしまうケースもあります。

しかし、生理になったからといってホットヨガができないわけではありません。

無理をしなければホットヨガを行うこともできますし、むしろ浮腫の予防にもつながるので、激しい運動するよりも、ホットヨガの方が生理中の運動としては最適だと思います。

今回は生理中でもホットヨガをして大丈夫なのか、また生理中にヨガをすることで期待できる効果や注意点について解説します。

「ホットヨガスタジオを予約した日に生理が重なりそう」と言う方は、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。


生理中でもホットヨガをして大丈夫


ホットヨガは、生理中に行っても問題ありません。

生理中にホットヨガを行うことで、むくみを予防する効果も期待できます。

ただし生理中は貧血を起こしやすいので、激しいポーズや気温が高くなりすぎるスタジオでのホットヨガは避けましょう。

また、生理中にお腹や腰が痛くなりやすかったり、めまいがひどくなるよう方は、万が一のことを考えてレッスンをお休みした方が良いでしょう。

ホットヨガを行うときは、座位や仰向けのポーズなど、リラックスしながら行えるポーズがオススメ。

ハードなポーズをしたい方もいるかもしれませんが、生理中は体調を崩しやすいので、生理の間だけは穏やかなポーズを取り入れるようにしましょう。


生理中にホットヨガをすることで期待できる効果


生理中にホットヨガを行うことで、様々な良い効果が期待できます。


冷え性の改善

生理中は、血流が悪くなっている状態なので、体の血の巡りが悪くなり体の冷えが余計にひどくなることもあります。

ホットヨガを行うことで、全身の血の巡りが良くなるので、体が芯から温まり冷え性の改善に役立ちます。


PMSの改善

ホットヨガを行うことで、PMSが改善すると言う報告もあります。

リラックス効果が高いので、PMS特有のイライラや疲れ、ストレスなどの症状の改善につながっていると考えられています。


生理中にホットヨガをする際の注意点

生理中にホットヨガをする際に、注意して欲しい点があります。


逆転ポーズ

下半身が頭よりも上に行くようなポーズは、血液が逆流してしまう可能性があるので、生理中は避けましょう。

逆立ちをイメージしてもらえると分かりやすいと思います。


ねじりのポーズ

ねじりのポーズは、お腹を圧迫してしまうため至急に負担をかけてしまいます。

ねじりのポーズは、生理中は避けましょう。


ウェア

ヨガの上はたくさんの種類がありますが、なるべくゆったりとした締め付け感のないものを選ぶようにしましょう。

きつく締めすぎると血流が悪くなり、体調不良を起こしやすくなります。

また、生理中はナプキンをつけるので、レギンスなどぴったりしたものが良いでしょう。

その場合にも、太ももやウエストの締め付けがきついものは避けてください。

ウェアの色は、万が一経血が漏れても目立たないような黒や紺などの色を選ぶと良いでしょう。

普段よりも体を沸かす時間が長いので、いつもよりも経穴が多く出る可能性があります。

タンポンを装着できる人は、タンポンとナプキンの併用をお勧めします。


ホットヨガをしてはいけない時

生理中はOKでもホットヨガをしてはいけない時があります。

それは持病を抱えている時妊娠している時です。

下記の記事ではホットヨガをしてはいけない時について詳しく解説しておりますので、是非ご参照ください。


ホットヨガの危険性とは?さらに効果を高める方法をご紹介!


無理をしなければホットヨガは生理中でもOK!

今回は、生理中でもホットヨガをして大丈夫なのか、また生理中にヨガをすることで期待できる効果や注意点について解説しました。

生理とホットヨガの予約が被っていたとしても、体調が悪くなければヨガを行って問題ありません。

しかし、経血の漏れが心配だったり、体調に少し異変を感じたら、すぐにお休みの連絡をしてくださいね。

生理中にホットヨガ行うことで、様々な嬉しい効果が期待できます。

無理せずホットヨガを楽しみましょう。


ホットヨガを体験してみたい方はこちらからどうぞ

東京でホットヨガスタジオをお探しならオレンジロータス

0件のコメント